英語での挫折経験…

英語での挫折経験…

日本人の多くの人が、英語での挫折を経験しています。

「もしかして自分だけじゃないか…」なんてことはありませんよ。

たくさんの人が同じような経験をしています。

では、皆さんがどんな挫折を経験したのか。

そして挫折をしても英語が身に付くのか。

そんな気になるところにお答えしましょう!

…私、先生でも何でもないんですけどねw

SPEAK OUT HP

日本人が経験しがちの英語での挫折

英語を学んだ経験のある日本人の大半が英語での挫折を経験しています。

それも1回だけではなく何度も挫折を味わったという経験を持つ人も少なくありません。

ではこれを見てください。

英語の挫折あるある

よくある英語での挫折はこのようになっています。

時間がない

仕事をしながら、家事・育児をしながらの勉強というのは想像するよりも遥かに難しいものです。

ただでさえ忙しい毎日に、勉強という時間を追加しなければならないとなると、睡眠時間や自分のプライベートの時間を削るしかありません。

それでは生活の負担になってしまいます。

その負担の積み重ねから、どんどん勉強するのが嫌になり、継続出来なくなっていくパターンは定番のあるあるでしょう。

欲張りすぎる

何事もそうかもしれませんが、始めのうちは意欲的なので、あれもこれもと頑張ろうとしてしまいます。

それが無理だということに気付いていないのでしょうね。

詰め込み過ぎたり、色んなものに手を出して、結局何も身にならないということも珍しくありません。

この場合は、自分のポテンシャルや生活などを見つめ直す必要がありますよね。

飽きる

シンプルな理由ですけど、単純な学習方法などが退屈や苦痛に感じてしまい、勉強自体に飽きてしまいます。

特に英語の場合ですと、単語学習が一番飽きやすいポイントかもしれません。

筋トレなどもそうですけど、毎日続けるということは根気が必要で、意外と大変なんですよね。

それを如何にして楽しむか、それにかかっているのかもしれません。

疑問を抱くようになる

学習に楽しみを感じなくなると、「この学習は意味があるのか?」と疑問を抱くようになりがちです。

こうなってしまうと、どんどんモチベーションが下がっていく一方。

そして挫折してしまうのでしょう。

自分の目的と合ってない学習内容ですと、このような疑問を抱いてしまうのもあるあるのようですね。

挫折した人にこそスピークアウト

何度も英語で挫折した人こそ、スピークアウトを疑うでしょう。

失敗した経験があるから当たり前だと思います。

「次は失敗しないぞ!」と思っているから疑うんですよね?

スピークアウトは、ただの英語学習ではありません。

長年英語学習に携わってきたプロ達の経験を踏まえて科学的に検証された結果なのです。

次こそが英語を上達させる最後のチャンスにさせませんか?

無駄なお金はこれ以上支払う必要はありません。

これが最後の英語の勉強にしましょう!!

SPEAK OUT HP
TOPページを見る